2016年10月25日

皆さま、大変ご無沙汰しておりました。「帰ってきたプラスチックリサイクル大好き野郎」です!

駅前はやや寂しいが、工場は増えているという北上市.JPG
やはり自動車メーカーの存在は大きいことを痛感した岩手県北上市

銀座の自動運転車ショールームは外国の方で人だかり.JPG
銀座に行ったら、自動運転自動車のショールームには外国の方だらけ

なぜ高齢者入口の俺が原宿?.JPG
なぜ高齢者の入口の俺が原宿にいるのか?

皆さま、長らくご無沙汰しておりました。
プラスチックリサイクル大好き野郎が帰ってまいりました。
いやあ、仕事に歯医者に飲み会にと散々に多忙な日々でした(ただし、休日は寝てばかり)。

死んでたようだけど、生きてるよ、俺。
色んなところにもたまに出かけてます。仕事が主だが、プライベートも。

写真は上から順に「岩手県北上市駅前」、「まだまだ外国人だらけの銀座」、「ポップな若いしが集まる原宿のアートスペース」だ。
全く脈絡がないように見えるだろうが、プラスチックやそのリサイクルつながりなんですよ。

北上市は駅前こそやや寂しいが、某超大手自動車メーカーの拠点工場があることもあって、市内の工業団地にはどんどん関連工場やその他の工場ができてる。
こんな景気のいいところ、今の日本にはあまりないだろう。
もちろん、そのような工場からは廃プラスチックもたくさん出てます。
「いやあ、多すぎて、この界隈では処理・リサイクルしきれないよ」

銀座には、なぜかお仕事で伺うことが多いのだが(ものを買うお金は全くございません)、人が相変わらず多いよなあ。中国の方や欧米の方ばかりだよ。
この写真は自動運転自動車なんだが、自動車にはもうひとつトレンドがある。
それこそが、超高燃費の自動車だ。
炭素繊維強化プラスチックの採用がどんどん増えてる。今は高級車の意匠部品や外装部品が多いけど、メーカーは近い将来には汎用車の骨格にまで炭素繊維強化プラスチックを使おうと考えてる。
ただ、処理やリサイクルが難しいんですけどね。そうするのかなあと。

原宿は個人的には最も縁遠い街だ。
この日は竹下通りを抜けて行ったんだけど、通りに入った瞬間、「帰りたくなったよぉ~♪」(いき〇のがかり風)。
アートにプラスチック廃材を使うなどというのは欧米でも流行っているし、竹下通りに面する世界的ファストファッションの旗艦店舗では、ポリエステル繊維を使った不要衣類の回収をがんがんやっている。
時代も変わったなあと。

まだまだ、プラスチックリサイクルの旅は果てしない。
ちなみに、このブログで何度も告知させていただいていた公開サイト「プラスチックのリサイクル」 http://www.plastic-recycle.jp は、私がややお疲れ気味ということもあって、しばらく更新しないことにあいなりました(このURLをクリックしても出てきません)。
しかし、いつの日にかもっと姿を変えて、捲土重来を期すつもりです。
ただ、このブログは時々書きます。
ちなみにFacebookなどもやってるので、いつの日かこのブログとリンクさせるつもりです(今はやり方がわかりません。苦笑)。
それでは、また次回。




posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 20:21| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

ぼろぼろの身体に鞭うって、PerfumeのライブツアーにGo

Cosmic Explorler Tour of Perfume at Makuhari Messe, Chiba, Japan.jpg
私の愛するTVブロスさんからも花輪.jpg
中田ヤスタカつながりできゃりーさんからも花輪.jpg
やや人気に陰りもあると言われるが、それでも人混みが多すぎて…

あーちゃん風に言えば、「超ーーっ、久しぶり」の投稿。
この間、仕事の関係で身体がボロボロになり、投稿やSNSどころではなかった。かろうじてうつ病にならないで、日々を送っております。苦笑

アルバム「Cosmic Explorer」購入者へのツアーライブ優先応募で、かろうじてあたってので久しぶりにライブに行ってきた。
もちろん、私が愛してやまないPerfumeだ。
今回は、やや不便だが、幕張メッセでスタンディングのチケットがあると聞いたので、まさに踊りに行くために、その席で応募したら当たった。
そこまでは良かった。

しかぁし。
行ってから後悔した。
Perfumeの3人が唄い踊っている舞台が低すぎて、スタンディング席からはほとんど見えない。
当然だ。
観客席の床の高さがフラットなので、前に背が高い人がいたら、前はほとんど見えない。
私は背が低いので、できるだけ、後ろ側でスタンバっていたんだが、時間とともに前に背が高い人が増えて、ほとんど生の3人は見えなかった。
あああ…。

それにしても、この日のライヴ。
定番の「ポリ〇ズム」「チョコ〇トディスコ」をやらないという冒険的な内容だった。
「ポリ〇ズム」は、言わずとしれたPETボトルリサイクルのプロパガンダCMで流されて、彼女たちがブレークするきっかけになった曲だ。
このド定番を敢えてやらないというところに、彼女たちの新境地が見てとれる。

彼女たちも気が付けばアラサー。
あと何年活躍できるのかわからない。
少しでも長くやってほしいが、潔く引き際を見極めて「伝説」になるのもありだろう。

苦言を呈するならば、個人的に彼女たちのBestライブは、代々木体育館でやった「Disco Disco Disco」だったように思う。
初期の曲を含めたセットリストと、メドレーをディスコミックスに仕立てたセンス。そして、微かな苦味(悪ふざけ)。
あのようなライブをもう一度、期待してます。



posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 21:15| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

今度は北関東の街で次々と猫。先日は東京東部の海岸部でも猫。

またしても次々に猫 at 群馬.jpg
またしても、猫。次々とあらわれる。

それにしても、プラスチックリサイクルの旅では、よく猫に遭遇する。
とぼとぼと歩いているだけなんだが、本当に多い。
あまりにもいたるところであらわれるので、もういちいち写真を撮るのもどうだかなあとは思う。

ここは、北関東のとある街。
最初は一匹だけだったんだが、次々とあらわれ、一体どのぐらいいるのかわからない。
写真には三匹写ってるだけだけど。

特に仕事で疲れている時によく出くわす。
もしかして、癒しの遣いなんだろうか。

posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 19:54| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする