2017年08月08日

廃プラスチック百景その90(であろう) 輸出不可なもの、悩ましくなってるもの、今後主流になるであろうもの

このような雑プラはもうはや輸出は無理.JPG
もうプラスチックの種類も色も、大きさも滅茶苦茶。これはもはや輸出不可レベル。
多色混合物は輸出できるのか.JPG
今中国の規制強化で、輸出が難しくなっている多色混合品。どうなるのか?
品質の良い再生ペレットづくりは難しい.JPG
粉砕物、きれいに洗浄していても難しいみたいだけど、単色の再生ペレットはいけるかも。

中国の税関強化策である、いわゆる「ナショナル・ソード2017」(「グリーンフェンスⅡ」とも呼ばれてる)。
3月から本格的に輸入されてくるプラスチックスクラップの検査が非常に厳しくなった。
写真の一番上はいわゆる「雑プラ」で、これはもはや無理(2013年の「グリーンフェンスⅠ」で本格的に規制対象になったとされる。)。
上から二番目は、今悩ましくなっている多色混合プラスチックスクラップ。「再生ペレットでも多色混合は輸入できない」とも言われてる。
そして、今後、これしかないのではないかと言われているのが「単色の再生ペレット」だ。一番下の写真のものですね。

テレビや新聞ではほとんど取り上げられないけど、英国の世界的大手メディアが、今年7月に中国が世界貿易機関(WTO)に年末までに輸入禁止固体廃棄物(輸入してはいけない再生資源)について調整を行った上で、ものによっては今まで輸出OKだったものも無理になるということを報じた。
世界中、特に中国への輸出量が多い欧米と日本の業界関係者は震撼した。
今は、皆さん、対応策でてんてこまいだ。

「じゃあ、単色の再生ペレットにすればいいじゃん。」
ことはそう簡単じゃあない。
単純に言えば、日本で再生ペレットに加工するにはコストがかかり、かつ、中国に陸揚げされる時に関税もかかるようになる。
しかも、今は、やや持ち直したとはいえ、プラスチックの値段は安い。
中国もポリプロピレンやPETなどの汎用樹脂については、自国で激安のものをつくれるようになった。
「もはや一部のものしかプラスチックスクラップは要らない」と。

中国の輸入リサイクル業者さんも大変です。
不要なプラスチック残さを燃やしたり、汚れたプラスチックスクラップを洗浄したりした後の排水処理をきちんとやっていないところ、さらには国が「輸入不可」と決めたものを輸入したりした業者さんがどんどん捕まっているとのことです。

日本にとっても、中国にとっても実は大激震。
不法投棄など妙なことが起きないようにと願うばかりだ。

posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 20:47| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください