2017年02月21日

廃プラスチック百景その89(どうも1回ずれているような?) 今回は廃光ケーブル

予想以上に多いプラスチックを含む処理困難物.JPG
インターネット社会には必要だが、処理になると困りもの

私は、WiFi派なので直接には関係ないやと思ってたら、うちのテレビはケーブルだった。
そこでだ。
そのような大容量・高精度の画像データを送るために開発、普及したのが光ケーブルだ。

これ。非常に便利で有益なんですが、困ったことに処理が難しい。
中には、強度確保のために、内部に頑強な鉄芯を入れてるのもある。
リサイクル現場でそのまま破砕機にかけると、破砕機が一発でやられます。しかも、データ送信そのものをしているガラスケーブルも厄介なんですが。

鉄芯やガラスケーブルだけではない。
被覆は頑強なポリエチレン、強度確保のための内部被覆には難燃性(耐熱性)のプラスチックが使われてます。
これらも、前処理の困難はもちろん、リサイクルも厄介なんです。
単品ならばまだ何とかなるんですが、廃光ケーブルは多素材の複合物というのが厄介なんですね。

このように、「情報化社会」「環境にやさしい社会」には、思わぬところに落とし穴があります。
逆に言えば、これ、解決できたらすごいなと。
欧州では、太陽光発電パネルの回収・処理のスキームがありますが、日本はまだメーカー業界が四苦八苦しているレベル。EU自体は存亡で揺れてますが、日本が学ぶべき点は多いと思います。「リサイクルのプロパガンダ」も含めて(苦笑)。
posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 23:25| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください