2016年04月28日

アメリカのオルタナ系バンドも好きだったという懐かしのカシオトーン

中高年には懐かしいであろうカシオトーン.jpg
これが懐かしの「カシオトーン」。色々と使えました。

いやあ、懐かしいなあ。「カシオトーン」だよ。
私が幼少の頃は、欲しくても高くて手が出なかったものだ。

これ、廃棄物処理業者さんが、地域の皆さん向けに開設しているショールームにあった。
思わず、「おお!」ということでパチリ。
ご覧の通り、プラスチックもたくさん使われてます。

何が珍しいのかというと、自分の幼少の頃もさることながら、2000年代の米国のオルタナ系バンドが曲の中で「Casiotone~♪」と唄っていたことだ。
ヒップホップやハウス、テクノなどの電子音楽が好きな方にはご存知の方も多いだろうが、実は日本製の旧式のキーボードやシンセサイザーの音源が、欧米のバンドなどには「おもしろい」と感じるケースが結構あることだ。
Rolandの「TR808」(だったと思う)なんかは、英国のテクノユニットの名前にもなった。

今の「日本ってすごーい」というTV番組は嫌いな私だが、日本人が当たり前のように使っているものが海外の方には「おもしろい」と思われていることは多々ある。
やっぱり、「何でもアリの日本」がおもしろいのだ。
世界市場?ガラパゴス化?何ですかそれ。
posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 19:33| Comment(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください