2016年03月16日

廃プラスチック百景その83 使用済みフレコンは輸出不可なのだが、きれいに洗って再生すると国内で利用される。

使用済みフレコンも質が良ければ再生利用できる!.JPG
いわゆるフレコンと言われている産業用の物流梱包材

これ、使用済みのフレキシブルコンテナ。産業界では、略して「フレコン」と呼ばれる。
もう色々なところで使われている。丈夫で安価な、産業の見方なんだが、リサイクルが難しかった。

なぜか。
きれいなものを詰めて使って、使用済みになったものならばまだいいのだが、油や土砂で汚れると、ポリプロピレン製の繊維の中に浸み込んだり、入り込んだりして、それらの異物を取りきれなかったためだ。
ところが、最近、あくまでグレードがいいものに限られるが、これらの使用済みフレコンの再生利用ができるようになった。
なかなか画期的なことなんですよ。
今まで、日本の大手メーカー系のリサイクル業者さんも取り組んできたが、なかなか難しかった。

何せ丈夫で微細な異物が付着しているので、強力な粉砕機と高度な洗浄設備が必要になる。
そういうリサイクル設備がようやく出てきた。
なかなか感慨深いものがあります、個人的に。

※毎度のPRで失礼します。専門・ビジネス向けの公開webサイト「プラスチックのリサイクル」 http://www.plastic-recycle.jp
を更新しました。今回は、味の素ゼネラルフーヅさんの“ボトル to ボトル”や幅広いリサイクル原料利用の取り組みなどを紹介しています。お手隙のお時間がございましたら、是非覗いてみて下さい。
posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 19:52| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください