2016年02月03日

工業地帯の猫だらけの駅。どこから来て、何を食べて、どうやって暮らしているのか?

なぜに工業地帯のど真ん中の駅が猫だらけなのか?.JPG
次々に現れるので、うまく写真が撮れない….JPG
猫好きにはたまらないであろう、この光景。どこからともなく次々と現れる。

廃プラスチックの処理やリサイクルを追いかける日常が戻ってきた。寒くても、雪が降っても、大型ダンプにひかれそうになっても現場まわりだ。
つい最近降り立ったこの駅。海辺の工業地帯のど真ん中にある終着駅・始発駅(そういえば、本田翼ちゃんがヒロインをやった『起終着駅』という映画があったよなあ。例によって演技力への評価は差し控えさせていただきます)なんだが、改札付近にどこからともなく次々と猫が現れる。シャッターをきる瞬間にも、およそ5匹ぐらいが横切った。

それにしても、どこから来てどこに住み、何を食べているのか。なぜ、こんなにいるのか。謎だ。
駅員さんも「ただ猫がそこに居るだけ」という日常感。
「工業地帯に、猫だらけかよ!」
ちょっと歩いた公園のような空き地にも猫。一体どういうことなのか。

10t車は軽く超えているであろう大型ダンプが行き交う街だ。歩いているのは私ぐらい。
20数年前から何度も来ているところだが、昔はパチンコホールで使う「パッキーカード」(使用済み)や漫画雑誌が道端に転がってたよなあ。今はもうないけど。
一見殺伐とした光景だが、私は結構好きだ。某ディ〇ニーランドなどよりも。
posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 13:33| Comment(2) | くらし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だかホッコリする映像。猫は犬のようにキャンキャン吠えないので見ているだけでも心が癒されます。‘彼等’も日々懸命に生き抜いているのでささやかな勇気を貰えそうですね。 
Posted by 阪神catガース at 2016年03月07日 01:07
コメントありがとうございます。
何気なく撮った写真なのですが、本当に猫が多かったんです。私の撮影の技術が良ければ、もっとたくさんの猫が写っていたでしょう。
この駅は、神奈川の工業地帯の海べりの起終点駅なんですが、昔から猫が多いんです。どうやって生きているのかわかりませんが、たくましいですよね。
何か彼ら・彼女らのお腹の足しになるものを持って行けばよかったなと思いました。
Posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 2016年03月08日 20:27
コメントを書く
コチラをクリックしてください