2017年02月21日

廃プラスチック百景その89(どうも1回ずれているような?) 今回は廃光ケーブル

予想以上に多いプラスチックを含む処理困難物.JPG
インターネット社会には必要だが、処理になると困りもの

私は、WiFi派なので直接には関係ないやと思ってたら、うちのテレビはケーブルだった。
そこでだ。
そのような大容量・高精度の画像データを送るために開発、普及したのが光ケーブルだ。

これ。非常に便利で有益なんですが、困ったことに処理が難しい。
中には、強度確保のために、内部に頑強な鉄芯を入れてるのもある。
リサイクル現場でそのまま破砕機にかけると、破砕機が一発でやられます。しかも、データ送信そのものをしているガラスケーブルも厄介なんですが。

鉄芯やガラスケーブルだけではない。
被覆は頑強なポリエチレン、強度確保のための内部被覆には難燃性(耐熱性)のプラスチックが使われてます。
これらも、前処理の困難はもちろん、リサイクルも厄介なんです。
単品ならばまだ何とかなるんですが、廃光ケーブルは多素材の複合物というのが厄介なんですね。

このように、「情報化社会」「環境にやさしい社会」には、思わぬところに落とし穴があります。
逆に言えば、これ、解決できたらすごいなと。
欧州では、太陽光発電パネルの回収・処理のスキームがありますが、日本はまだメーカー業界が四苦八苦しているレベル。EU自体は存亡で揺れてますが、日本が学ぶべき点は多いと思います。「リサイクルのプロパガンダ」も含めて(苦笑)。
posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 23:25| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

「この世界の片隅に」。じわじわくる映画だった。もうひとつ売れまくっている「君の〇は。」と比べるまでもなし。

アクション連載当時から好きでした.jpgやはり観るならば本家で.jpg若い世代にこのような話が届くとは….jpg
やっと時間が少しとれたので、原作連載当時から好きだった話題の映画に行ってみた

SNSの友達が話題にしていたので、猛烈な疲れの癒しの合間に行って観てきた。
もちろん、配給の本家、テアトルの新宿だ。

SNSの友達は「号泣した」と言っていたが、個人的にはそれほどでもなかった。
原作がもっと突っ込んで書いていることをしっていたからかもしれない。
ただ、よくできた作品だった。
私はひねくれ者なので、よく人が言う「感動しました!」という言葉は大嫌いなんだが、原作の趣旨をきちんと汲んでいたと思う。

個人的に金欠なので、テアトル新宿の「火曜サービス」価格につられたのだが、会員登録をしていなかったので、通常の料金だった。こういうことははっきりと告知しようよ(しかし、せこいな。俺)
まあ、クラウドファンディングまでした方には到底及びませんがね。

こうのさんの漫画、前に映画化された「夕凪の街 桜の国」も好きでした。
こういうメッセージの伝え方もあるんですよね。
街角で、「戦争反対」を訴えている皆さんも頑張っていると思いますが、このような映画が多くの人々に受け入れられていることも意識した方がよいかなと思う。

私?
私ですか?
もちろん、戦争も原爆も大嫌いです。理屈ではなく。
「憲法9条は時代遅れ。世界平和に武力を供してでも貢献すべき」なんてのは、個人的には屁理屈にしか聞こえません。
私の故郷の地方紙には、夏場に1回だけですが、「赤とんぼの会」という組織が「憲法9条を守ろう」と全面広告をうってます。
貧乏なので、お金は出せませんが、個人的にはすごく応援してます。

私は、「憲法9条は世界の最先端」だと疑ってやまない頑固な人間です。「それは理想」、上等じゃないですか。
「パワハラ上司」「(憶えはないが)セクハラ上司」と呼ばれてますが(苦笑)、こういうところは頑固なんですよ。
欧米諸国も、日本もおかしな方向の政治家が跋扈しているのはむかつきます。
性格破たん者の私には資格はないかもしれませんが、「真面目に働く人が報われる世界」「厳しい境遇の人にもフェアなチャンスが与えられるの世の中」になってほしいです。

ちなみに、写真の著作権は大目に見てやって下さい(苦笑)。






posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 23:11| Comment(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

一応、廃棄自動二輪車の回収システムはあるのだが…

回収システムはできてもこれじゃあなあ?.JPG
結局、駐車場などに紛れさせてナンバーを外せばご覧のとおり

廃棄物処理法には、産業廃棄物・一般廃棄物の広域認定制度という特例がある。業界関係者ならば、良く知っているだろう。
きちんとした処理・リサイクルのルートを確立して、きちんとリサイクルできる業者にまわすことをメーカーなどが管理することで、廃棄物収集運搬業の許可を回収拠点ごとに取得しなくてもいいという特例措置だ。

この制度、大変便利なんですよ。
ただ、書類を含めた環境省の審査は相当に厳しい。
自動二輪車、要はオートバイもその広域認定をメーカーごとに取得してる。
本来ならば、そのスキームで適正なリサイクルが担保されているはずだ。

しかし、抜け穴というのはどの世界でもあることで、ご覧の通り、郊外の駐車場に駐車していると見せかけてナンバーを外して放置すれば、1台ぐらいだったらほとんどわからない。
盗難車ならともかく(これも良くないのだが)、数千円の処理費をけちって不法投棄する人はいるんですよね。

皆さん、特に自動車やバイクが好きな方ならよくわかると思うが、今の自動車やバイクは端的に言えば、金属とプラスチックの塊だ。
重量でみれば圧倒的に金属なんだが、嵩でみればプラスチックはどんどん増えている。

メーカーさんも真面目に廃車対策に取り組んでいるので、ケチをつけるつもりは毛頭ない。
ただ、「抜け穴」対策を講じなければ、こういうことは誰でも思いつく。
廃車・廃自動二輪車のプラスチクリサイクル高度化も良いでしょう。
しかし、「抜け穴」を単純に「排出者の倫理観」の責任にしていては、問題の根本的な解決はない。
これ、今回の廃棄物処理法改正の「雑品スクラップ」問題にも言えることです。

posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 22:44| Comment(0) | 話題 | 更新情報をチェックする