2016年10月25日

本田翼ちゃん、まだファンです。「大根役者」でもいい、「これが本田翼」スタイルをつくって生き延びて!

翼ちゃんには暗い役の方が合うのか、このまま「大根」なのか.JPG
肖像権にふれるのかなあ。ま、いいか。

もう俺、高齢者の入口なんだよなあ。
前売り券を買うのも、観に行くのも恥ずかしくって。苦笑
しかも、パンフレットまで買っちゃって。苦笑

原作が湊かなえだというので、「もしかすると少しは役者として覚醒するかも」と期待した俺が間抜けだった。
やはり、演技は厳しいな。
山本美月ちゃんも、翼ちゃんよりはましだが、「う~ん…」というところ。
銀座にまで観に行ったんだが、観客は少なかった。ファンとしてはとても悲しい。

だいたい、二人とも高校生役はもう無理。
しかも、監督の演出が悪い方向に効きすぎていて、観ていても何が何だがわからなくなった。

翼ちゃん、来年は、映画「鋼の錬金術師」のヒロインをやるんだよなあ。
大丈夫なんだろうか。
何度も言うが、高みは望まない。
「何をやっても本田翼」。
これでいい。

それにしても、「アオハライド」では脇役だった高畑みつきちゃんとは、完全に立場が逆転したな。
みつきちゃんはもはや安泰だ。
まあ、嫌いじゃないんですけどね。
今回は、プラスチックリサイクルとは全く関係ございません。悪しからず。

posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 20:39| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

“俺たちぃ~のナーゴーヤァー”が本当にJ2降格のピンチ

ヴァンフォーレ甲府の応援バスか?.JPG
なまじっか、山梨に行ったのが裏目になった….JPG
なまじっか、バスを目撃したり、山梨に行ったりで、愛する名古屋グランパスが本当にピンチ

だから、嫌な予感がしてたんだよ。
降格争いをしている山梨のヴァンフォーレ甲府だけど、さすがに「降格争い馴れ」しているだけのことはあるなあと。

おそらく、名古屋は降格したらしばらくは昇格できまい。
うまい、下手は別にして、トゥーリオのような気骨がある選手があと5人ぐらいは必要だな。

降格争いをしている新潟と勝ち点が並んでいるので、最終節まで結果はわからない。
けど、その当日は、私はなぜか、インドにいることになってしまった。
もう仕事どころじゃないんですけど…。泣き

posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 20:28| Comment(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

皆さま、大変ご無沙汰しておりました。「帰ってきたプラスチックリサイクル大好き野郎」です!

駅前はやや寂しいが、工場は増えているという北上市.JPG
やはり自動車メーカーの存在は大きいことを痛感した岩手県北上市

銀座の自動運転車ショールームは外国の方で人だかり.JPG
銀座に行ったら、自動運転自動車のショールームには外国の方だらけ

なぜ高齢者入口の俺が原宿?.JPG
なぜ高齢者の入口の俺が原宿にいるのか?

皆さま、長らくご無沙汰しておりました。
プラスチックリサイクル大好き野郎が帰ってまいりました。
いやあ、仕事に歯医者に飲み会にと散々に多忙な日々でした(ただし、休日は寝てばかり)。

死んでたようだけど、生きてるよ、俺。
色んなところにもたまに出かけてます。仕事が主だが、プライベートも。

写真は上から順に「岩手県北上市駅前」、「まだまだ外国人だらけの銀座」、「ポップな若いしが集まる原宿のアートスペース」だ。
全く脈絡がないように見えるだろうが、プラスチックやそのリサイクルつながりなんですよ。

北上市は駅前こそやや寂しいが、某超大手自動車メーカーの拠点工場があることもあって、市内の工業団地にはどんどん関連工場やその他の工場ができてる。
こんな景気のいいところ、今の日本にはあまりないだろう。
もちろん、そのような工場からは廃プラスチックもたくさん出てます。
「いやあ、多すぎて、この界隈では処理・リサイクルしきれないよ」

銀座には、なぜかお仕事で伺うことが多いのだが(ものを買うお金は全くございません)、人が相変わらず多いよなあ。中国の方や欧米の方ばかりだよ。
この写真は自動運転自動車なんだが、自動車にはもうひとつトレンドがある。
それこそが、超高燃費の自動車だ。
炭素繊維強化プラスチックの採用がどんどん増えてる。今は高級車の意匠部品や外装部品が多いけど、メーカーは近い将来には汎用車の骨格にまで炭素繊維強化プラスチックを使おうと考えてる。
ただ、処理やリサイクルが難しいんですけどね。そうするのかなあと。

原宿は個人的には最も縁遠い街だ。
この日は竹下通りを抜けて行ったんだけど、通りに入った瞬間、「帰りたくなったよぉ~♪」(いき〇のがかり風)。
アートにプラスチック廃材を使うなどというのは欧米でも流行っているし、竹下通りに面する世界的ファストファッションの旗艦店舗では、ポリエステル繊維を使った不要衣類の回収をがんがんやっている。
時代も変わったなあと。

まだまだ、プラスチックリサイクルの旅は果てしない。
ちなみに、このブログで何度も告知させていただいていた公開サイト「プラスチックのリサイクル」 http://www.plastic-recycle.jp は、私がややお疲れ気味ということもあって、しばらく更新しないことにあいなりました(このURLをクリックしても出てきません)。
しかし、いつの日にかもっと姿を変えて、捲土重来を期すつもりです。
ただ、このブログは時々書きます。
ちなみにFacebookなどもやってるので、いつの日かこのブログとリンクさせるつもりです(今はやり方がわかりません。苦笑)。
それでは、また次回。




posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 20:21| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする