2017年08月08日

廃プラスチック百景その90(であろう) 輸出不可なもの、悩ましくなってるもの、今後主流になるであろうもの

このような雑プラはもうはや輸出は無理.JPG
もうプラスチックの種類も色も、大きさも滅茶苦茶。これはもはや輸出不可レベル。
多色混合物は輸出できるのか.JPG
今中国の規制強化で、輸出が難しくなっている多色混合品。どうなるのか?
品質の良い再生ペレットづくりは難しい.JPG
粉砕物、きれいに洗浄していても難しいみたいだけど、単色の再生ペレットはいけるかも。

中国の税関強化策である、いわゆる「ナショナル・ソード2017」(「グリーンフェンスⅡ」とも呼ばれてる)。
3月から本格的に輸入されてくるプラスチックスクラップの検査が非常に厳しくなった。
写真の一番上はいわゆる「雑プラ」で、これはもはや無理(2013年の「グリーンフェンスⅠ」で本格的に規制対象になったとされる。)。
上から二番目は、今悩ましくなっている多色混合プラスチックスクラップ。「再生ペレットでも多色混合は輸入できない」とも言われてる。
そして、今後、これしかないのではないかと言われているのが「単色の再生ペレット」だ。一番下の写真のものですね。

テレビや新聞ではほとんど取り上げられないけど、英国の世界的大手メディアが、今年7月に中国が世界貿易機関(WTO)に年末までに輸入禁止固体廃棄物(輸入してはいけない再生資源)について調整を行った上で、ものによっては今まで輸出OKだったものも無理になるということを報じた。
世界中、特に中国への輸出量が多い欧米と日本の業界関係者は震撼した。
今は、皆さん、対応策でてんてこまいだ。

「じゃあ、単色の再生ペレットにすればいいじゃん。」
ことはそう簡単じゃあない。
単純に言えば、日本で再生ペレットに加工するにはコストがかかり、かつ、中国に陸揚げされる時に関税もかかるようになる。
しかも、今は、やや持ち直したとはいえ、プラスチックの値段は安い。
中国もポリプロピレンやPETなどの汎用樹脂については、自国で激安のものをつくれるようになった。
「もはや一部のものしかプラスチックスクラップは要らない」と。

中国の輸入リサイクル業者さんも大変です。
不要なプラスチック残さを燃やしたり、汚れたプラスチックスクラップを洗浄したりした後の排水処理をきちんとやっていないところ、さらには国が「輸入不可」と決めたものを輸入したりした業者さんがどんどん捕まっているとのことです。

日本にとっても、中国にとっても実は大激震。
不法投棄など妙なことが起きないようにと願うばかりだ。

posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 20:47| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

男だらけのカラオケ3時間!(苦笑)

「1時間だけ」が結局2時間半以上熱唱.jpg

先輩の還暦祝いにかこつけて、カラオケ屋で3時間近く熱唱(笑)

消えそうで消えない翼ちゃん。頼むからもう少し演技力をお願いします!.JPG

男だらけのカラオケ。翼ちゃん、いつでもお待ちしてます!


会社の先輩が還暦を迎えたので、みんなでお祝い。

人格的に非常に良い先輩だ。態度に筋が通っている。

ご苦労様でした。そして、これからもよろしくお願いします。


飲み放題、食べ放題のお好み焼き・もんじゃだったので、もう糖質だらけだ。

ということで、胃に納まった食べ物を消化しようと、いつも通りにカラオケ屋へGo。

しかし、男だらけ。


しかし、カラオケ屋の部屋にもプラスチックは多いなあ。マイク受けとか、モニターの筐体とか…。お店によっては、おしぼりもポリエチレンの袋入りのところもありますよね。

これが廃棄物になると、廃棄物処理法では、「産業廃棄物の廃プラスチック類」(=事業活動に伴って発生するプラスチック廃棄物)になります。

有価で売却できなければ。

「産業廃棄物」というとどこか遠い世界のことと感じるかもしれませんが、実は非常に身近なんです。


話を戻します。

30代の若手から60代になったばかりのオール男性なので、恥も外聞もありません。

好き勝手に唄う唄う。

でんぱ組inc.、ももいろクローバーZ、Perfume、浜崎あゆみ、松山千春、ビートルズ…。

もう滅茶苦茶。

んで、私は、もちろん、欅坂46。

「(締め切りなんて)僕は嫌だ♪!」(叩きつけるように。苦笑)


本田翼ちゃん。深夜の30分ドラマ、録画してます。

『鋼の錬金術師』、読んだことないけど、映画は観に行きます。(それにしても、演技力や態度をボコボコに言われてる割にテレビや映画に出てる。頼むから消えないで…。)

先日、ちょっとだけですが、実物にお目にかかりました。いやあ、細いよなあ。

こんな娘とカラオケに行って、プールに行きたいよなあと。無理だけど。(痛いオヤジということで、肖像権は大目に見てやって下さい。)


posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 20:23| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

けぇ~やきざかぁ~、けぇ~やきざか~♪ てち、来たぞ愛知へ。もちろんプラスチックリサイクルなどのおっかけ仕事だけど。

欅坂46のセンターをつとめる女の子の出身県でつい初回特別版を購入.JPG
もう高齢者の入口なのに、つい初回限定盤CDを購入
欅坂46の初回限定盤CDを購入した袋も環境配慮.JPG
そのCDアルバムを購入したお店は欅坂46のセンターの女の子の出身県。袋も環境配慮だ。
愛知県はリサイクル業者さんが多く、PETボトルキャップの回収も盛んだ.JPG
その出身県である愛知にはプラスチックリサイクル業者さんが多く、PETボトルキャップの回収も盛ん。
中小規模のショッピングモールの駐車場に、何と市のリサイクルステーションがある.JPG
山中の街にある中規模のショッピングモールの駐車場内に、何と市のリサイクルステーション。お客さんが車で資源を持ってくる持ってくる。

いやあ、猛烈に雑務が増えたおかげで、ブログをはじめとするSNSに投稿したり、拝読したりする寸暇もない状況だった。
久しぶりにお客さんの依頼を受けて、愛知県へGo!
もちろん、プラスチックをはじめとするリサイクルの追っかけ仕事でだ。
決して、愛してやまない名古屋グランパス(2部に降格したけど…)や、最近はまっている欅坂46のセンターをつとめる「てち」の故郷の県への聖地巡礼などではない。(本当か?苦笑)

それにしても、暑い。
大学時代の友人から、「夏の愛知は本当に暑い」と聞いてはいたが、まじに暑かった。
駐車したレンタカー内でとろけそうだったよ。
しかも、このあたりには食堂がほとんどない。
ということで、中規模程度のスーパーを中心にしたショッピングモールに行った。
「何か、食べるものはあるだろう。」

あった。たい焼きとお好み焼き、たこ焼き、焼きそばの小さなお店が。
もはや、ここ以外に選択肢はなかった。
まわりは、高齢のおばさんやおじさん、主婦の方々、海外から働きに来ている方々、ちょっとやんちゃな感じの夫婦という状況。
「あ、このお好み焼き・焼きそばセットを下さい。」
「390円ね。ソースとマヨネーズはかける?」
「たっぷりお願いします。」
少し量は足りなかったが、安くて美味かった。

あまりにも早く食事が終わったので、モールをひとまわりしたら、何と家電販売店の片隅でCDを売っていた。
「おお、そう言えば、今日は欅坂46のファーストアルバム発売日じゃん。」
あった。目の前に。初回限定盤(一番高いバージョン)は1枚だけだった。
「金がないけど、どうしよう。ええい!」
初回限定盤という言葉に弱い私。愛するPerfumeでもだいたいそれを買うのだが、またしても気が付いたら買ってしまった。
ただ、まだ、Perfumeならばテクノポップ好きということで通るが、欅坂46は生粋のアイドル、しかも下手をすると私の娘、早ければ孫ぐらいの歳の。娘に買ってやるというふりをして購入した。(一部の評論家からは、彼女たちはロック好きの人間でも評価は高いそうだ。=言い訳)

外に出たら、まだ猛烈に暑い。
「とにかく、レンタカーに戻って、涼をとろう。」
その道すがらだ。
飲み終わった後のPETボトル回収容器の隣りには、ボトルキャップの回収箱がお手製で置いてある。
駐車場内には、市のリサイクルステーションがあって、プラスチックなどを含む各種資源をお客さんが車で持ってくる、持ってくる。

とかく、旅では財布の紐が緩む。
名物料理や名産品ではなく、どこでも買えるものをつい買ってしまうのが私の悪い癖だ。
まあ、欅坂46のセンター、「てち」の故郷県土産ってことで。(自ら呆れつつ、苦笑)



posted by プラスチックリサイクル大好き野郎 at 22:13| Comment(0) | 話題 | 更新情報をチェックする